アクセスカウンター
COUNTER387344since H26.6.18~
オンライン状況
オンラインユーザー22人
ログインユーザー0人
登録ユーザー13人
シンボルツリー「どう木」について
12345
2017/11/26new

どう木の意味

| by 校長

「どう木」漢字で書くと「胴木」といわれます
この胴木の意味は「太い材木」「丸太」というそうです。

胴木といわれる丸太は戦国時代  城壁の上に備えておいて、敵が攻め寄せてきたときに落とすことや現代では、道の基礎としてうめられてるそうです。
 
胴木という名前は普段聞くことがなかなかない言葉ですが、妻沼小学校においては大切なシンボルツリーの愛称です。
11:38
12345

日誌

日常風景 >> 記事詳細

2017/07/13

北部地区小中合同交流会がんばりました!

| by 特別支援学級担任
 昨日、妻沼小学校体育館を会場に、
 特別支援学級北部地区小中合同交流会が開催されました!
 
 北部地区の小中学校12校のお友だちが集まりました。
 学校紹介、たまいれ、名刺交換、誕生月のお友だちダンスなどの
 活動を通して、他の学校のお友だちと交流をすることができました絵文字:笑顔 

 暑さが厳しかったけれど、体調を崩すこともなく、自分のできる力を
 だしきってがんばりました♪♪♪

   
15:10