アクセスカウンター
COUNTER376402since H26.6.18~
オンライン状況
オンラインユーザー8人
ログインユーザー0人
登録ユーザー13人
シンボルツリー「どう木」について
12345
2017/11/13new

環境省「巨樹巨木林データベース」に登録しました

| by 職員室
どう木を 環境省「巨樹巨木林データベース」に登録しました。(反映されるのに数日かかるそうです。すぐには出てこないようです。)
まだまだ心配されるどう木ですが、このデータベースには日本中の巨木が登録されています。

どう木の気になる樹齢のことですが、諸説あり決め手がありません。
日本で一番大きなケヤキは山形県東根市の東根小学校のケヤキといわれています


    高さ 28m   根回り 24m 
目通りで幹周は16m   直径 5m 
樹齢1500年以上と推定される 
昭和32年9月11日  国指定特別天然記念物 
        山形県東根市ホームページより

これから考えると どう木は幹周は目通りで5m21cmですので約500年弱といったところでしょうか、しかし、幹周が5mで800年といわれているケヤキもあり、わかりません。切らずに樹齢がわかる方法を知ってる方がおりましたら教えてください。
21:26
12345

日誌

めぬまっ子スクール >> 記事詳細

2017/11/12

放課後子供教室 防災キャンプ

| by 職員室

11月11日~12日まで
学校で防災宿泊体験を行いました。
スタートは14:30
開会行事

妻沼消防署による 防災教室

赤十字奉仕団のみなさまによる 炊き出し訓練 カレーつくり


消防車見学


PTAボランティアで夜の食事準備 カレーライス(炊き出し訓練とコラボレーション)



おやじの会によるキャンプファイアー

学校の夜間パトロール


教室に宿泊


朝は地元のパン屋さんによるやきたてのパン

閉会セレモニー 終了はAM8:30
08:37