アクセスカウンター
COUNTER387328since H26.6.18~
オンライン状況
オンラインユーザー21人
ログインユーザー0人
登録ユーザー13人
シンボルツリー「どう木」について
12345
2017/11/26new

どう木の意味

| by 校長

「どう木」漢字で書くと「胴木」といわれます
この胴木の意味は「太い材木」「丸太」というそうです。

胴木といわれる丸太は戦国時代  城壁の上に備えておいて、敵が攻め寄せてきたときに落とすことや現代では、道の基礎としてうめられてるそうです。
 
胴木という名前は普段聞くことがなかなかない言葉ですが、妻沼小学校においては大切なシンボルツリーの愛称です。
11:38
12345

緊急連絡事項


 

めぬまっこNEWS

めぬまっこNews >> 記事詳細

2017/05/08

「たけのこ」の学習を行いました

| by 職員室より
「たけのこ」の学習風景
 5月1日に2年生が生活科で「たけのこ」について学習しました。妻沼小学校には竹林があり、たけのこが竹になる様子や数日で数センチ伸びる様子などを観察し、食べるとお腹の調子がよくなることを学びました。学習した後はたけのこの皮をむく作業も行いました。たけのこの皮をむきながら、臭いをかいだり、皮に細かい毛が生えている様子なども見ることができました。2年生がむいてくれたたけのこは、翌日の給食でいただきました。2年生のみなさん、ご苦労様でした。



18:32 | 投票する | 投票数(0)