アクセスカウンター
COUNTER523191since H26.6.18~
オンライン状況
オンラインユーザー7人
ログインユーザー0人
登録ユーザー13人

日誌

学校の風景
12345
2018/06/07

くつ箱とかさたての掃除

Tweet ThisSend to Facebook | by 職員室
 各クラスの靴箱掃除の子供たちが、一生懸命にきれいにしています。細かい砂の粒を丁寧に、小さいほうきではき、水拭きの雑巾でほこりをふき取ります。かさたても雑巾で汚れをふきます。
ピカピカの靴箱に、靴をそろえて入れて、みんなが気持ちよく学校生活を送ることができます。
14:02 | 投票する | 投票数(5) | コメント(0)
12345

日誌

シンボルツリー「どう木」について
12345
2018/05/06

どう木のメンテナンス と 樹齢について

| by 校長
今日 林業の業者さんに入っていただき 胴木のメンテナンスを行いました。
1 幹と幹を繋いでいた鉄の輪を外す(太くなった幹を輪が締めつけていて、上が枯れてきている)
2 今ある枯れ枝を落とす
3 幹と幹と新しい鎖で繋ぐ(枝が割れてしまうのを防ぐため)

幹と幹を繋ぐ鉄の輪は36年前に工事をしたそうです。もう幹に食い込んでいて作業は難航しましたが外すことができました。中央の太さ1m位の枯れた幹も下ろしました。大きな音がして落ちました。落とした幹は半径20cm 周りは1.25mくらいです。ということは、主幹の約1/4です。半径20cmの中には年輪が約83本でした。
主幹のまわり 5.29m 半径は84cm  年輪(   )本 
落とした幹のまわり  1.2m 半径20   年輪は83本
84:20=(   ):83 とすると 348本と計算で出ます。
わからなかった樹齢ですが、この計算方法だと 約350年ということになります。








13:56
12345

緊急連絡事項

緊急の連絡はありません
 

めぬまっこNEWS

めぬまっこNews >> 記事詳細

2018/10/09

真っ白な花のギンモクセイ

| by 職員室

妻沼小学校の校庭には、ギンモウクセイの大木が1本あります。
秋晴れの本日、時折、キンモクセイよりもやや重厚感のある甘い香りが、校舎の1階部分に広がり、近くを通る職員や児童を楽しませてくれています。
このギンモクセイは、妻沼小では、通称、「校長先生の木」でも知られています。
経塚(平安時代のお経が学校敷地内でかつて発見されたことを記している)の脇に、傘のように堂々と枝を広げています。全体が雪をかぶったように美しいです。本校の「どう木」と同様、優れた銘木の一つです。


15:51 | 投票する | 投票数(3)