オンライン状況
オンラインユーザー27人
ログインユーザー0人
登録ユーザー13人
アクセスカウンター
COUNTER635288since H26.6.18~

日誌

シンボルツリー「どう木」について
12345
2018/05/06

どう木のメンテナンス と 樹齢について

| by 校長
今日 林業の業者さんに入っていただき 胴木のメンテナンスを行いました。
1 幹と幹を繋いでいた鉄の輪を外す(太くなった幹を輪が締めつけていて、上が枯れてきている)
2 今ある枯れ枝を落とす
3 幹と幹と新しい鎖で繋ぐ(枝が割れてしまうのを防ぐため)

幹と幹を繋ぐ鉄の輪は36年前に工事をしたそうです。もう幹に食い込んでいて作業は難航しましたが外すことができました。中央の太さ1m位の枯れた幹も下ろしました。大きな音がして落ちました。落とした幹は半径20cm 周りは1.25mくらいです。ということは、主幹の約1/4です。半径20cmの中には年輪が約83本でした。
主幹のまわり 5.29m 半径は84cm  年輪(   )本 
落とした幹のまわり  1.2m 半径20   年輪は83本
84:20=(   ):83 とすると 348本と計算で出ます。
わからなかった樹齢ですが、この計算方法だと 約350年ということになります。








13:56
12345

日誌

学校の風景
12345
2018/10/30

ふれあい大集会にむけて

Tweet ThisSend to Facebook | by 職員室
 今日の児童集会では、11月9日(金)のふれあい大集会へ向けてのクラスの出し物を発表しました。2年生以上のクラスでは、工夫した発表を計画しています。2年生の「手作りの動くおもちゃ」や3年生の「ゴム車」や5年生の「的当て」など、各学年でいろいろとおもしろい出し物を行う予定です。児童みんなが今から『ふれあい大集会』を楽しみにしています。
13:46 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)
12345

校長室より

校長室より
12345
2019/03/11

特別寄稿 還暦野球

| by 校長


今回は 学校医の松本修一先生の文を紹介します
30年度7月12日3年生の児童に向けて松本修一先生のはからいで「ボール投げ教室」行われました。講師の妻沼甲友クラブに関して、松本先生から預かった原稿がありますのでご紹介します。


特別寄稿 還暦野球                   
                        妻沼小学校 学校医 松本修一
 現在老人のスポーツといえば、なんといってもゲートボールである。ゲートボール人口は、全国で400万とも600万ともいわれるくらい盛んであり、最近はお年寄りと一緒に家族全員で楽しもうという傾向がありゲートボール人口は盛々増加するでしょう、
 しかし昔野球をしたことがある人達にとっては、なんとしても物足らない。三度の食事より野球がすきという人たちはじっと昔鍛えた腕をさすって我慢していたがとうとう我慢ができなくなって60以上の人たちだけで野球チームを結成して野球を楽しみだした。此れが還暦野球である。
 還暦野球発祥の地は群馬県前橋市である。群馬県知事清水一郎氏が「老人でも楽しめるスポーツを」とスポーツの勧めの県下に指令されたそうである。此の声を待っていたかのように前橋市内在住の往年の野球名選手達の間から「何とか野球がやりたい、わたしもやりたい、やりましょう」と声が上がり、これを全日本軟式野球連盟群馬県支部の理事である笹治桂蔵氏(当時76歳)が中心となって昭和54年9月にチームを結成、全国で唯一の60歳以上の人たちによる野球チーム「前橋還暦ボーイズ」が誕生したわけである。
 還暦野球のルールは軟式野球と同じであるが次の点を異にする。即ち自分達の体力を考慮して塁間は2m短くし投手ー本塁間は16.3mとし、使用球は中学生用軟球を使用、金具の付きのスパイクは禁止、試合は7回までとしている。
 夫人、子どもさん達からは「バットは折っても骨折はしないで、腰は痛んでも知りませんよ」などという心配をよそにお孫さんたちからはユニフォーム姿を「お爺ちゃんカッコイイ」とほめられて気分をよくして勇んで練習をした。そして当初は少女野球全国大会で優勝した自分達の孫娘のような前橋中央レディス等と試合をしたというがやはり同年輩の人たちでないと物足りなくなり県下の他の市町村に呼びかけたところ 忽ちにして高崎、桐生をはじめとして7チームが名乗りをあげ、2年後の昭和56年秋群馬県還暦野球連盟(会長清水一郎群馬県知事)が正式に発足し10月に第1回還暦野球大会が開催されたという。清水知事「高齢者の健康保持と活力増進を目的」として本連盟を作ったといわれ昭和57年には群馬県下に12チームが結成されるに至った。このことがテレビ新聞で紹介されるや遠く離れた弘前市にある500歳野球チームUFOクラブより還暦ボーイズに東京後楽園球場で雌雄を決しましょうと挑戦され全員出場で後楽園球場での試合を楽しんできたという。そのときの試合の様子はテレビで紹介されたそうである。
 このような還暦野球の存在を私が知ったのは、昭和57年11月29日である。この日は母校医学部野球部の生みの親であるK名誉教授の古稀の祝賀記念野球大会を所沢の西武球場で行うことになっており、「OBたちは現在自分の所属している野球チームのユニフォームを着用の事」という通達があった。当日は午前中の診療もそこそこにして西武球場へと急行した。そこで前橋還暦BOYSのユニフォームを着用されているK先生にお目にかかった。白いユニフォームの胸に真っ赤な文字で還暦BOYSのマークが入り真っ赤な帽子真っ赤なアンダーシャツ 真っ赤なストッキングと還暦を迎えた人らしいユニフォームであった。野球大会後の祝賀会のとき 還暦野球の楽しさに就いて話され「清水知事も還暦ボーイズの会員で旧制前橋中学時代は名投手として鳴らした方ですし甲子園球場で前橋中学ー静岡中学24回の熱戦当時の投手も仲間であり市内各界の名士の方達が集まってできたようなチームです。だから野球のときばかりでなく会合の時も大変楽しいですよ」と語られた。「妻沼にもゲートボールでは物足りず野球ではなくてはという方達がきっといるはずですよ」笹治氏は「いずれ全国大会開催を目標にして活動しているのですから埼玉県代表として妻沼に還暦野球チームを作ってみては」と勧められた。昔妻沼町には「オール妻沼」という野球チームがあったがその方達は現在何人位在住しておられるのかと考えながら「野球好きのお年寄りの健康とコミュニケーション作りの為になるなら努力してみましょう」と答えてお別れした。しかし此の時の話がすぐ笹治氏の耳に達したとみえてぜひともチームを結成してくださいと手紙と共に還暦野球の是迄の経過なぞを報じた新聞の切り抜きが送られてきた。思えばK先生のとの出逢いが妻沼に還暦野球チーム」「甲友クラブ」結成のプロローグとなったわけである。現在甲友クラブには38名の人達がおり 還暦にならないわたしはチームドクターとしてご一緒にさせ楽しませてもらっている。それゆえに試合中に事故の起こらぬ事を願って止まない。甲友クラブに就いては又別の機会に書いてみたいと思う。

     妻沼甲友クラブの歴史

  2004年11月13日 県大会で初優勝し
  2005年5月14日も優勝
       10月9日県外蔵町大会で
  2007年5月6日 足利大会
  2009年     足利大会
            宇都宮大会
            佐野大会
            坂戸大会
            蔵の町大会
            松本杯と 年間9回の優勝をかざった。

※本原稿は松本先生了解をいただき掲載しています。


12:15
2019/02/27

コミュニティースクール 夢ケーキプロジェクト

| by 校長


 2月27日 6年生最後の参観日に「夢ケーキプロジェクト」を実施しました。
これは、コミュニティスクールでの提案です。地元妻沼のお菓子やさんの協力の申し出により実現しました。

 夢ケーキプロジェクト
 1 6年生が自分の夢を、絵にします。
 2 地元ケーキ屋さんに渡します。
 3 ケーキ屋さんは4号のホールケーキを一人ひとつずつ用意します。
   もらった絵をみて、必要な色プラチョコ(ねんどのようなチョコ)を必要な分用意   してくれます。
 4 当日 保護者と子どもで一緒に、ケーキに自分の夢をプラチョコとクリーム、チョ   コペンなどで描きます。親子で話し合って作ります。
  5  グループごとに夢を語り合います。
 6 ケーキは家に持って帰り、家でも語り合います。

 このプロジェクトの経緯
 地元のケーキ屋さんが学校運営協議会委員であり、1年前から計画をしていました。
  「子どもに夢を持たせたい。そして、夢を語ってほしい。その舞台にお菓子があってほしい。この企画を通して親子の会話があるといい。子どもは未来の希望、夢を大事にしてほしい。」これが委員さん、ケーキ屋さんの思いです。

 コミュニティスクールでは地元で子どもを育てるという観点で、このプロジェクトを準備しました。社員研修もかねて企画だそうです。、学校は子どもの夢を総合的な学習の時間に形にしてコラボしました。そして2月27日実現したのです。

 子ども達にも 保護者にも、そしてケーキ屋さんも笑顔でした。企画は大成功でした。


16:39
2019/01/04

新年のご挨拶

| by 校長

あけましておめでとうございます。
いよいよ平成31年 2019年がはじまりました。熊谷にとってはラグビーワールドカップ開催の年、妻沼にとっては聖天様の御開帳という大きな行事があります。変化の激しい時代において「生きる力」という命題を解決していくことが学校の使命です。これからの時代で必要とされる力は、知識技能、思考力判断力表現力、学びに向かう力人間力といわれています。加えて地方は少子高齢化による人口減少、外国人材の受け入れにむけての準備が必要です。子ども達はこのあと30年で世の中をつくっていくのです。今どんな問題があるのか?自分はどんなことをしていきたいのか、どんなことが必要なのかを知る必要があります。そのために妻沼小学校として総合的な学習の時間に「ふるさとめぬま」の学習を取り入れています。妻沼の未来は今のこの子供たちにかかっているのです。育ててくれた地域を十分に学習し、どのような未来を作っていきたいかを考えさせていくそれが「ふるさとめぬま」の学習です。また、AIとともに生きる未来を考えるために「プログラミング教育」を行っています。AIとどのように向き合っていくのか?考えることも大切です。オリンピックパラリンピックが終わった後も生きていく力を身に付けるためにどうしたらよいかを考える。それが妻沼小学校ラグビーオリパラプロジェクトです。コミュニティスクールとして地域とともにある学校を目指し、地域の方々と手を取り合って学校を運営していきたいと考えています。今年もどうぞよろしくお願いします。


09:06
2018/11/09

国宝での持久走大会 ありがとうございました。

| by 校長


11月8日 持久走大会が行われました。1,2年生は校内で、3,4,5,6年は国宝聖天山の境内で行われました。この大会実現までにはたくさんの人たちの支援がありました。聖天山の院主様、副院主様、学校運営協議会委員のみなさん、地域の商店の皆様 菊花大会の皆様 PTAの皆様 地域のスクールガードの皆様が応援してくださいました。 そして、天気!晩秋の聖天様を子ども達が疾走しました。ゴールは貴惣門にむかって参道を走らせていただきました。たくさんの方が訪れ、応援をしてくださいました。その風景はとてもすてきなものでした。学校職員も準備をがんばりました。多くのみなさんに感謝を申し上げたいと思います。子ども達の感想でも、素敵な風景とたくさんの人に応援された持久走大会が思い出に残ったという声がたくさん見られました。改めて皆様ありがとうございました。



12:29
2018/10/09

ウルグアイ給食のニュースが北部地域振興センターのHPに載りました

| by 校長

先日 北部地域振興センターの方々がきて 本校のウルグアイ給食とウルグアイ通りについて
取材をしてくれました。その記事がホームページにアップされています。
どうぞご覧ください

 リンク先 給食を楽しみながら異文化理解!ラグビーワールドカップ2019™記念給食が提供されています!
16:55
2018/09/19

外時計

| by 校長
恥ずかしい話なのですが、学校にある2つの外の時計が別の時間を刻んでいたのをご存知でしたか?わたしが着任したときから気になっていました。校舎の上にある大きな時計はずっと25分遅れて時を刻んでいたのです。過去数年間何度も直すことにトライしてきましたが、専門家の方や関係者の方から「これは直らない」とか「直してもまた遅れてしまう」とか「どこで制御するのかがわからない」という回答があり、懸案となっていました。そして「学校の時計の時間があってない」という指摘もいただいていました。わたしは、そのたびに心苦しく思っていました。子どものためにも普段から学校の時計がきちんと時を刻んでいないのはよくないことです。運動会を迎えるにあたり、たくさんのみなさんがそれを見たらどうなんだろうと思って、いてもたってもいられなくなりました。そして、外には2つの時計があるので、1つ撤去してしまう決断をしました。
 しかし、その前にもう一度だけ、見てもらおうと業者さんに頼みました。自分自身も図面をみて、現場の様子もみて研究しました。もし、撤去が運動会に間に合わなければせめて表示が見えないようにわたしが表面にペンキを塗って見えないようにするということも考えていました。
 そして業者さんがきました。直らないかもしれないといった業者さんですが、図面と方法をわたしが素人なりにつたえ、たとえ直らないとしても、学校の時計が正しい時間を刻んでいないことは良くないことだということを伝えました。業者さんも真剣に取り組んで方法を試してくださいました。「直るかどうかわからないけどやってみます」と力強いお言葉をいただきました。そして時間をかけてこのたび、直りました。(今のところ直っている状態です)本当に良かったです。後心配いただいた方々にこの場で報告させていただきます。

17:50
2018/09/18

ひんやりミスト

| by 校長

暑さ対策委員会支援事業で入れたミストを紹介します。

子ども達が校庭に出るときに必ず通る渡り廊下にミストをつけました。
名前は保健委員会に人に考えてもらい「ひんやりミスト」となりました。

ひんやりという語感がいいですね。

こどもたちは運動会練習・休み時間でそこを通るときみんな手を上げて通ります。なぜかわからないけど手を上げます。気持ちよさそうです。運動会も今年は暑さ対策でレベル5になったら中止です。
 ひんやりミストみなさんもぜひ見に来てください




18:06
2018/09/16

発明創意工夫展

| by 校長
9月16日 妻沼中央公民館 妻沼展示館で行われました。
本校からも5点が出品されました
イスカバーが防災グッズに
新聞紙でつくったゴミ箱
おしゃれで便利トイレットペーパーホルダー
どこでもひらいて、便利まくら
ころころマッサージ

題名をみているだけで 楽しくなります
アイデアは大事です。日頃からいろいろ工夫すると生活は明るく便利になります。創意工夫展はとても楽しかったです。頑張りましたね

16:45
2018/09/13

ワールドカップ給食 ロシア料理「ボルシチ」を食べて

| by 校長

 今日は9月13日なんの日かというと妻沼小学校でワールドカップ給食 ロシア料理「ボルシチ」が出る日です。学校にはロシア料理のポスターがたくさん貼られました。2F通路は現在ロシアのことが書いてある「ロシア通り」です。子供たちも掲示物を見たり話を聞いたりしていくうちに、ワールドカップを約1年後に控え、熊谷にくる国について関心が持てるようになって来てほしい。ワールドカップを盛り上げたいという気持ちです。熊谷市で記者発表もされ、本校も取材が来るかもしれないという中でとうとう「ボルシチ」出されました。ビーツといわれる野菜でこのオレンジ色がついているのです。食べてみると、温かくておいしい、このビーツという野菜もほんのり甘くおいしかったです。この日は取材はこなかったですが、妻沼小学校は大きなブームになっていました。次は27日ウルグアイ料理が給食にでます。「ロシア通り」は「ウルグアイ通りに」なります。妻沼小学校は学校をあげて、ワールドカップを応援し、くまがやラグビーオリパラプロジェクトを実践していきます。ワールドカップまであと1年近くになりました。



21:00
2018/09/12

夏休み 努力した人を表彰しました

| by 校長
今年の夏休みは全校で、生活表に宿題やお手伝い、早起き、運動などを計画的にできたら1ポイント記録して集計する「夏休みポイント制」を実施たところ、子ども達はとてもよく取り組んでくれました。家の人の協力も必要でした。今年の夏休みは去年に比べてよくなったということを目指して取り組みました。各クラス上位3名は校長室で表彰をおこないました。


家の人のコメントも「よくがんばってよかったね」や「計画的にできました」というようなものがあってよかったです。
  なにか結果がでたわけではないですが、努力は裏切らないということを伝えました。今まで賞状をあまりもらっていない子にも賞状をわたすことができました。大いに認め、はげましました。家の人にも「校長室で表彰をうけたよ」とつたえてほめてもらってねと伝えました。子どもは小さながんばりでも認めることで伸びていきます。がんばる子どもをさらに応援していきたいです。
14:14
12345

8月の全校朝会で


笑顔 まろく 円満に みんながしあわせになりますように

 8月29日の全校朝会で、子供達に「笑顔」について以下のようにお話しました。

「今日は校訓『まろく』について話します。『まろく』とは円満にみんな幸せにするという意味もあります。そのために大切なのは笑顔です。妻沼小学校のこどもは笑顔を大切にしましょう。朝は元気に家族や先生や友達にあいさつするときの笑顔、何かを頑張って終わったとき、やったっていう笑顔 掃除が終わってピカピカにして先生に褒められたとき笑顔 寂しそうにしている友達に声をかけて笑顔 勉強を頑張って、できたとき笑顔、おいしい給食を食べて笑顔、 笑顔はまた笑顔をよびます そしてみんな幸せになります。幸せだから笑顔ではないのです 笑顔でいるから 幸せなのです。もう一度言います。幸せでないと笑顔になれない じゃなくて 笑顔でいると幸せになれるのです。やってみてください 妻沼小のまろくは 笑顔から始まります。」

 朝会が終わって作文を書いてもらいました。この話を聞いてどう思ったか。
子供達はこれからは「笑顔であいさつしたい。」とか「笑顔を大切にしていく」
という話もでましたが、印象的だったのは幸せだから笑顔ではなく 笑顔でいると幸せになるということに共感してくれた子供が多くいたことです。なかなか難しいのですが、どこかで心に残っていてほしい言葉です。

 夏休み明けでなかなかみんな笑顔とはいかないかもしれませんが、妻沼小、妻沼地区が笑顔であふれればいいなと私はいつも願っています。 妻沼小学校長 関根達郎
 

カウンタ

校長室カウンター20619

校訓の意味


    校訓 「まじめ・まめ・まろく」の意味

 先日、保護者の方から「校長先生は朝会で校訓の意味の話をされていると子供から聞きます」とお話がありました。確かに校訓を基盤に学校経営をしているので、よく校訓にはふれています。そして、子供からは「まじめ」はわかりやすいけど、「まめ」は、ちょっとわからなかった。「まろく」はさらにわからなかったと言われます。6月24日のPTA研修で聖天様の院主様に「まめ」とは「人に尽くすこと」というお話をいただきました。そこで、あらためて校訓の意味をわかりやすくまとめてみました。

 「まじめ」   うそやいいかげんなところがないこと。真剣であること。
        本気であること。真心があること。誠実であること。他
  「まめ」     苦労を惜しまずに物事にはげむ。勤勉。よく動く
        努力する。からだがじょうぶ。人に尽くす。他
  「まろく」   温かく柔らな人当たり。円満にかかわる様子。落ち着いた。優しい。 
        角のないおだやかな様子。他
               古語まろい(まるいの意味)の連用形

 このようになりました。子供たちには、これからもことあるごとに繰り返し伝え、まじめでまめでまろくなれるように教育をしていきたいと思います。大切な校訓です。