アクセスカウンター
COUNTER474401since H26.6.18~
オンライン状況
オンラインユーザー15人
ログインユーザー0人
登録ユーザー13人

日誌

学校の風景
12345
2018/06/07

くつ箱とかさたての掃除

Tweet ThisSend to Facebook | by 職員室
 各クラスの靴箱掃除の子供たちが、一生懸命にきれいにしています。細かい砂の粒を丁寧に、小さいほうきではき、水拭きの雑巾でほこりをふき取ります。かさたても雑巾で汚れをふきます。
ピカピカの靴箱に、靴をそろえて入れて、みんなが気持ちよく学校生活を送ることができます。
14:02 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
12345

日誌

シンボルツリー「どう木」について
12345
2018/05/06

どう木のメンテナンス と 樹齢について

| by 校長
今日 林業の業者さんに入っていただき 胴木のメンテナンスを行いました。
1 幹と幹を繋いでいた鉄の輪を外す(太くなった幹を輪が締めつけていて、上が枯れてきている)
2 今ある枯れ枝を落とす
3 幹と幹と新しい鎖で繋ぐ(枝が割れてしまうのを防ぐため)

幹と幹を繋ぐ鉄の輪は36年前に工事をしたそうです。もう幹に食い込んでいて作業は難航しましたが外すことができました。中央の太さ1m位の枯れた幹も下ろしました。大きな音がして落ちました。落とした幹は半径20cm 周りは1.25mくらいです。ということは、主幹の約1/4です。半径20cmの中には年輪が約83本でした。
主幹のまわり 5.29m 半径は84cm  年輪(   )本 
落とした幹のまわり  1.2m 半径20   年輪は83本
84:20=(   ):83 とすると 348本と計算で出ます。
わからなかった樹齢ですが、この計算方法だと 約350年ということになります。








13:56
12345

カウンタ

校長室カウンター8644

校長室より

校長室より
12345
2018/07/16new

もうすぐ夏休み

| by 校長
あと4日で 夏休みです。4月からずっと見守りをしてくださった方々のおかげで、安全に登校できています。地震や不審者等いろいろ心配な事案がありましたが、改めて地域のみなさん、PTAの保護者のみなさんの協力に感謝します。


19:52
2018/07/15new

妻沼のおみこし

| by 校長
7月15日 妻沼の夏祭りが行われました。

 妻沼の聖天様隣の本町通りをおみこしやこどもみこしが練り歩きました。お祭りは子供たちを地元の人で盛り上げています。各町ともそろいのはっぴで元気よく声が響いていました。




暑い中ですが 水をかけあって暑さをしのでいました。
夏の風物詩ですね。子供たちは頑張っていました。
19:42
2018/07/14new

妻沼甲友クラブの皆さんに

| by 校長
校医の松本先生のお計らいで、地元の還暦野球チームのみなさんに投力アップ教室をおこなっていただきました。ユニフォーム姿できてくださったのは 還暦野球チーム「妻沼甲友クラブ」の方々です。そのチームの5人方々がきてくださり、ボール投げ教室を行ってくれました。
 

妻沼甲友クラブは埼玉県代表 全国大会出場の強いチームです。
子供たちに「全員 70歳以上です」と紹介したら「えー」と言っていました。それくらい若々しいのです。キャッチボールの実演も見ましたが、グローブが「バシッ」と音を立てる速い球をなげていたのです。子供はそれをみて、びっくりしていました。そしてどんどんボールが投げたくなりました。



カラーボールを使いましたが30分以上夢中で練習しました。甲友クラブのみなさんも一生懸命教えてくださいました。



子供たちも甲友クラブのみなさんも笑顔でした。またお願いします!
11:07
2018/06/17

保護者のみなさんの応援で、、、金管バンド

| by 校長
 先週の日曜日は金管バンドが市民音楽祭に出演しました。
休みの日にたくさんの保護者の方々が応援してくださっています。課外活動の多い金管バンドではいろいろな方の応援なしではやれません。子供たちもだんだん腕を上げていきます。その様子は見て取れると思います。この日も小学生以外の大人の演奏を生で聴くことができました。こうした経験は他ではできません。子供たちにとってためになることです。演奏するだけでなく、準備や支えてくださっている方々への感謝の気持ちを持つことも学びます。保護者の皆様応援ありがとうございます。




23:33
2018/06/16

PTA活動

| by 校長
 PTA活動はなにかと話題になっていますが、妻沼小学校ではPTAのみなさんとともによりよい活動になるように考えています。目的の一つには、学校のスタッフとして学校をよく知っていただくことがあります。また相互に親睦を深めることや教職員と保護者の関係を良好にしていくこともあります。
 役員さんには創意工夫をしていただき、やってよかったと思えるような活動であってほしいと思います。資源回収でも地区の人との交流や組織としての協力が徐々にはかれるようになってきています。教職員も積極的に参加して目的を果たすように心がけています。



23:25
2018/06/03

おやじの会の方々の活動

| by 校長
5月28日 夏のめぬまっこ祭りに使う 流しそうめんの竹を作るために夕方作業に来てくださいました。今年は新しい竹を加工して4本作りました。工具ももってきてくださってやっていだきました。本当にありがたいです。放課後子供教室の活動はこうしたみなさんの善意に支えられています。

21:10
2018/06/02

救急救命法研修会

| by 校長
 5月28日 今年のプール開きの前に救命救急法研修を行いました。PTA活動と職員研修を兼ねています。例年体育館で行っている研修を今年はプールサイドで行いました。
 より実践的にできると考えてのことです。プールサイドは体育館より硬く、心臓マッサージでも膝が痛くなります。また通報のためのPHSの場所と通報の方法についての確認も行いました。妻沼消防署の救急隊のみなさんの説明に、保護者の方々からもたくさんの質問が出ました。関心の高さがうかがえた研修会になりました。

 

最後に職員でおぼれた人をひきあげて救急隊がくるまで心臓マッサージを行う実演をやって指導をいただきました。




水の事故が起きないでほしいと願いますが、いざというときはためらわずに行動できるように心がけていきたいと思います。
21:13
2018/06/01

栄養教諭との調理実習

| by 校長
 本校には栄養教諭が配置されているため家庭科の調理実習を食育の一環として、栄養教諭と担当教諭が合同でおこなうことができます。この時間は5年生のほうれん草とたまごをゆでる授業でした。教科書に書いてある内容に加えて、ほうれん草の上手なゆで方を詳しく指導し、とてもおいしい調理ができました。食材に対する扱いもとても慎重で、子供たちも大切に扱いながら実習を行いました。
 ひと味違う調理実習です。


21:23
2018/05/20

あちこちに野菜の苗を植えて食育をしています。

| by 校長


 学校内の学習園に野菜の苗を植えました。野菜はこれから収穫の時期を迎えます。食育のひとつとして自分でそだてたものを食べることで、野菜に愛着をもったり、大切さがわかったりすることがあります。学校内でもあちこちが教育の場になってきました。栄養教諭が中心になって、学校区にあるモリタネさんの協力で食育の指導していただいています。ありがとうございます。
11:42
2018/05/19

リコーダー講習会で、、、

| by 校長
 3年生になるとリコーダー(縦笛)を購入して練習します。5月18日リコーダー講習会が行われました。講師の先生は毎年あちこちの3年生に教えている先生です。



この先生、リコーダーの演奏の音色や構成も素晴らしいですが、なにより指導テクニックが素晴らしいです。注目させたり、話を聞かせるときには笛をあごにつけるという約束を徹底しています。



このポーズをすると、子供たちもあごにつけます。
あっという間の1時間でした。子供たちには常日頃口で言い聞かせようとしてしまうところがありますが、約束をきめて実行させて、褒めるといったことが効果があります。これを「しつけ」というのかもしれません。
11:32
12345

校訓の意味


    校訓 「まじめ・まめ・まろく」の意味

 先日、保護者の方から「校長先生は朝会で校訓の意味の話をされていると子供から聞きます」とお話がありました。確かに校訓を基盤に学校経営をしているので、よく校訓にはふれています。そして、子供からは「まじめ」はわかりやすいけど、「まめ」は、ちょっとわからなかった。「まろく」はさらにわからなかったと言われます。6月24日のPTA研修で聖天様の院主様に「まめ」とは「人に尽くすこと」というお話をいただきました。そこで、あらためて校訓の意味をわかりやすくまとめてみました。

 「まじめ」   うそやいいかげんなところがないこと。真剣であること。
        本気であること。真心があること。誠実であること。他
  「まめ」     苦労を惜しまずに物事にはげむ。勤勉。よく動く
        努力する。からだがじょうぶ。人に尽くす。他
  「まろく」   温かく柔らな人当たり。円満にかかわる様子。落ち着いた。優しい。 
        角のないおだやかな様子。他
               古語まろい(まるいの意味)の連用形

 このようになりました。子供たちには、これからもことあるごとに繰り返し伝え、まじめでまめでまろくなれるように教育をしていきたいと思います。大切な校訓です。