アクセスカウンター
COUNTER387309since H26.6.18~
オンライン状況
オンラインユーザー4人
ログインユーザー0人
登録ユーザー13人
シンボルツリー「どう木」について
12345
2017/11/26new

どう木の意味

| by 校長

「どう木」漢字で書くと「胴木」といわれます
この胴木の意味は「太い材木」「丸太」というそうです。

胴木といわれる丸太は戦国時代  城壁の上に備えておいて、敵が攻め寄せてきたときに落とすことや現代では、道の基礎としてうめられてるそうです。
 
胴木という名前は普段聞くことがなかなかない言葉ですが、妻沼小学校においては大切なシンボルツリーの愛称です。
11:38
12345

カウンタ

給食カウンター30455

お知らせ

   よく噛んで、丈夫な体作り!!
 
給食コーナー >> 記事詳細

2017/05/12

12日(金)の給食「山菜うどん&抹茶蒸しパン」

| by 職員室より
牛乳 山菜うどん 抹茶蒸しパン ポテトのさっぱりサラダ
 今日の給食は旬の山菜を使った「山菜うどん」お茶を使った「抹茶蒸しパン」です。
 立春から数えて88日目を八十八夜、今年は5月2日のことです。このころが新茶を摘む季節になります。今日はこの新茶を粉にした抹茶を使った蒸しパンです。初夏の香りを楽しみながらいただきました。
 また、サラダには妻沼小学校で育てたスナップエンドウを入れました。今日も、なかよし学級の児童が一生懸命収穫してくれました。全学年で、おいしくいただきました。

18:32